くもろぐ

ポケカとかするマイオナマン

オトカドールカードゲーム ライバルカード編を作ってみました

オトカカードゲームにライバルカードを混ぜて遊べるように、ルールを改変しました。

前回と同じく『オトカでデッキを作り、お着換えしながらライバルと一緒に戦うオトカドール』 です。

 

前回よりなお一層、オトカドールの世界観、システムを出来るだけ再現しつつ、カードゲームらしさを取り込んだ、オトカドーラーのオトカドーラーによるオトカドーラーのためのゲームになっています。

 

必要なものは6面ダイス、同じドールのオトカと自由なライバルカードを合わせた、オトカ12枚のデッキ。あとは印刷したプレイシートとプレイマーカー、筆記具があれば十分です。でも一番大事なのはやっぱり対戦相手のオトカ友達。

 

DLはこちらから。

  

 

基本的なゲームの流れは前回の記事とDLできるルールブックに付属させたルールガイドを参照していただくとして、ここでは変更点だけをさっと纏めておきます。

 

 

ライブラリ構築

ライブラリ(このゲームではデッキをこう呼びます)には、同じブランドは3枚までしか入れられません。

前回のようなボスのブランドやアミティエコーデへの制限はありません。

ただし、今回はライバルカードも入れることができるため、ライバルカードのブランドも合わせて合計3枚までとしています。

 

お着替え

今までは出ていたオトカの上に重ねて「重ね着」していましたが、それまで出ていたオトカはリサイクルに送ることとしました。重ね着しなくても、最初からすべてのスキルが使えます。

 

ダイス

手札が少ないほどMP獲得のダイスが多く振れるようになります。今までと同様に、手札のオトカをリサイクルに送ることもでき、お着替えしたりライバルカードを出したりするほど、たくさんのMPを得ることができるようになります。

 

ライバルカード

ライブラリに最初から混ぜて使います。

ライバルカードとドールのブランドが一致すると消費MPが軽く、ライバルの属性と使うスキルの属性が一致するとダメージが大きくなります。

一方で、相手からの攻撃がライバルの属性の弱点を突く場合は大きなダメージを受けてしまいます。

ライバルのステータスやスキル、レアリティは利用しないので、NやUCのライバルカードで構いません。

 

ヒメモード

出しているライバルのヒメモードとドールのヒメモードを使い分けることができます。

強いヒメモードはミスしてしまうことがあるかもしれません。 

 

 

プレイ風景はこんな感じ。

影ちゃんとお揃いのブランドで属性も一緒だからつよい!

f:id:kumoridai:20170820211649j:plain

 

DLはこちらからも。↓

オトカカードゲームver3.0.zip - Google ドライブ

 

ライバルカードが入ると少し複雑になってしまうので、お互いにライバルカード無しで遊んでみるのも良いかもしれません。遊ぶ友達がいなかったら私と遊んでください。